FC2ブログ

壱岐を廻る ―8― 湯ノ本温泉郷


 壱岐湯ノ本温泉は約1700年前から湧いていたと伝えられ、神功皇后が応神天皇の産湯をここでつかったという伝説が残っています。

こちらのお湯、鉄分を含んだ食塩泉でオレンジ色をしています。10件ほど立ち寄り湯が出来るようなので、「湯ノ本湾を見ながら開放感抜群な露天風呂」があるという民宿?旅館?へ。

電話で確認をしてから、駐車場に車を入れて露天風呂へと向かいました。
内風呂の前を過ぎて、男女別の露天風呂へ。
なるほど、はじめて経験するお湯の色です。どんな感じなのかと、足を湯船に入れると・・・

めっちゃくちゃ!


半端なく!!


アッッッッツイーーーーー!!!



カチカチ山か、五右衛門の釜茹でかってくらいっっっっっ!!!!!

あまりのことに、先客でたった一人入られていたご夫人に「熱くないですか?」とベタに聞いてしまいましたよ。

「ええ、熱いですねぇ。休み休みでないと、はいれませんねぇ・・・」

・・・・・

鍛え方が違うのか ̄△ ̄;)。。。


無い根性を振り絞って、その後チャレンジすること数回。。。



すべてノックアウトされました・・・。

スゴスゴと、内風呂に退散いたしました。


これだけのお湯を産湯にしてしまう神功皇后と応神天皇。
やんごとなき方々はやはり常人には計り知れない力のあることを、わが身を持って痛感いたしました。

あまりのことに写真、忘れてます・・・。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
長崎県壱岐市勝本町湯ノ本
09/05/04:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
湯ノ本温泉郷
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000164&key=湯ノ本温泉&page_num=1

旅行人山荘


立ち寄り_1
露天風呂から桜島を望む風景が一望できるというので、こちらに立ち寄ることに。

ところが、駐車場を降りると、辺りはガスで真っ白・・・。
露天風呂に入ってみたものの、桜島はおろか1m先の木々も見えない・・・。

お湯自体は、単純泉と硫黄泉の2種類楽しめるし、どちらもいいお湯だったのですけれど。
たまたまご一緒した、よく利用するという親子連れのお客さんに晴れたときの様子を伺いながら、想像する他ないのでしたぁ(T。T)・・・。

【data】
旅行人山荘
http://ryokojin.com/
鹿児島県霧島市
2008/11/上旬:訪
にほんブログ村 旅行ブログ 九州旅行へ fc2ランク

さくら湯


さくら湯 さくら湯2
 翌朝、朝食の後に「さくら湯」に行くことに(写真1)。
前に置かれた説明板によると、もともとは山鹿の元湯といわれ、江戸時代には身分により区別された湯屋がありました。明治に入ると何度か大改修が行なわれ、会議室や宴会場も併設されていったようですが、昭和49年の市街地再開発で今の姿となったようです。
以前の姿は―7―の写真2に。
入口近くには、白い飲泉塔があり、横に詳しい成分表示がしてあります(写真2)。一口含んでみましたが、味も温度も飲み易いものでした。

さくら湯内部は、地域の方の社交場と言った雰囲気。白いタイル張りの広い浴室に入ると天井がとにかく高い。横に階段があるので、何かと思って上がってみましたが、現在は使われていないようで上は立ち入り禁止になっていました。

所々、子供の絵のタイルがはめ込まれているのですが、これは此処が建てられた時に小学生だった子供たちが描いたもの。コタツに入って本を読んでいる様子だったり、ウサギや猫の絵だったり、思い思いの絵を眺めながらゆったり湯船につかりました。

透明のお湯で、なめらかな感じでした。アルカリ性単純泉なのだそうです。

旅館に帰ると、ロビーに再び灯籠踊りの装束の女性が。
チェックアウトの時間帯も、宿泊客の皆さんと笑顔で記念撮影に応じておられました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
さくら湯
http://www3.ocn.ne.jp/~plaza5/sakura.html
熊本県山鹿市
2008/08/中旬:訪
以前訪れた様子はこちらから

平山温泉郷


平山 平山2 平山3 平山4
 南関御茶屋跡から、少し戻って着いたのは「平山温泉郷」。

こちらにある立ち寄り湯に、いつもお願いしている美容室の方が仕事帰りによく来られるとか。距離だけ考えれば、もっと近い温泉が幾つもあるのに、ここのお湯がお気に入りなのだそう。神経を使う立ち仕事で疲れた体も、こちらのお湯でゆったりほぐれるのかも?と、平山温泉に一泊することにしたのでした。

R443からR195に入ってしばらく行くと「平山温泉 総合案内所」の大きな看板(写真1)。どなたかいるかしらと、車を止めてみたのですがお盆だからなのか、事務所の扉は施錠されていました。軒先にあった温泉郷のイラストマップを頂いて、今夜の宿へと向かいました。

目印の上田商店の前を曲がって到着。フロントでチェックインの後、案内されてお部屋へ。

全室お風呂付離れのこちら、建物も新しくて思っていたよりも随分広々。イスとテーブルが置かれたところをあわせれば10畳はあるゆったりとしたつくりでした。お風呂も浴室はもちろん、脱衣スペースも広くてこれならお子さん達のいるファミリーでも十分では。私達が泊まった時はお盆料金でしたが、お値段もかなり良心的だと思います。

夫は早速、横になってビール片手にオリンピック観戦。私は先ほどフロントで、系列の別の宿のお風呂も、証明をもらえば無料で入れると聞いたので、温泉街を散策がてらそちらに行くことに。

5分ほど歩くと系列の宿へ。浴場と露天風呂があり、やはり露天風呂へ。透明で硫黄の香りのするお湯で、肌につるつるとした感じです。

一息ついて食事をしたところで、お部屋のお風呂に。ちょっと熱かったので、もったいないと思いながらもちょっと水を入れちゃいました。それでも肌にしっとり。出たり入ったりを繰り返し、気兼ねすることなく、たっぷりお湯を楽しみました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
熊本県山鹿市
2008/08/中旬:訪
平山温泉 お宿 めぐみ山荘
熊本県山鹿市平山5332
℡:0968-44-1116
平山温泉
http://www.city.yamaga.kumamoto.jp/kankoh/07-onsen/07-03hirayamaonsen.html

龍神の湯

龍神の湯 龍神の湯2 龍神の湯3
 「白糸の滝」の近くにある温泉施設です。
お客さんは、ご近所の家族連れが多そう。華やかさはないけど、なんとなく和めます。

脱衣所に温泉表示は見当たらなかったのですが、公式サイトによると
単純温泉(弱アルカリ性 低張性 温泉)
無色・無臭、浴槽の場所によって温度が違っていて、ぬるめのところにいたのですが、そのうちじんわりと汗ばんできました。

小高い場所に建てられているのですが、露天風呂からの眺めは、田んぼがメインかな?初夏には青々とした稲がそよぐ姿が見られることでしょう。

【data】
阿蘇 天然温泉 飛湯の里 龍神の湯・・・空港の近くにあります
http://www.ryujin-yu.com/
熊本県阿蘇郡西原村
2008/01/13:訪
検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク