スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉神社・・・日奈久路地裏散策―5―


温泉神社


 土俵広場から赤い手すりの階段を上がると、温泉神社があります。度重なる大火の後、こちらに移されたものです。こちらの本殿の彫刻も見事なものでした。その脇には六郎神社お告げの石のお社が、やはり時代の変遷を経てここに祀られています。これらは、日奈久温泉の起こりを物語っています。
温泉神社3 温泉神社2

 南北朝時代、足利尊氏により肥後守に任じられた甲斐重村は南朝方の菊池武重と戦い、敗れた甲斐方の浜田左近は深手を負ってしまいます。日奈久近くの小島に落ち延びた左近は日奈久の漁民と懇意になり、子供たちに読み書きを教えるようになって、やがて土地の娘と結婚し六郎左衛門が生まれました。成長した六郎左衛門は父の古傷の平癒を願い、安芸の市杵島姫命に願をかけ、その満願の日に枕元に現れた市杵島姫命のお告げどおりに海の浅瀬にあった奇岩の下を掘ると温泉が湧き出し、その湯に父を入れると七日後には傷もすっかり癒えたそうです。

日奈久温泉2 今年7月にリニューアルオープンした温泉センターの前が、その温泉発見の場所といわれ、六郎の像も建っています。当時はこの付近まで海岸だったそうです(こちらにある説明板には、左近が菊池方として書かれているのが気になりますが・・・)。

六ちゃん 六郎といえば、こちらは日奈久温泉開湯600年を記念して地元の中学生が考えたマスコット「六ちゃん」。街角でちらほら見かけましたが、狙ってないゆるさがなんだかいいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。

関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。