FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名護屋城址


 加藤嘉明陣跡・堀秀治陣跡・名護屋城博物館と廻ってきましたが、いよいよ名護屋城址へ。 はじめて訪れた総面積約17万平方メートルの城址を闇雲に廻るのも無謀かと、「名護屋城跡・定期観光ガイド」を利用することにしました。
http://www.yu-netkita.com/chinzei/castle.html
コースはサイトの地図を参考にしてください。

事前に予約をしていたので、約束の時間に案内所へ。現れたのは笑顔のさわやかなKさんとおっしゃる方。手馴れた様子で、こちらの問いにもはきはきと答えて頂きました。

名護屋城は、松浦党波多三河守親の家臣、名護屋越前守経述の居城を大きく改造して建てられています。築城に際しての設計は加藤清正もあたっています。

名護屋城址
 写真1は観光案内所を背に大手口付近をパノラマ合成したものです。
左の太閤道は唐津から名護屋城へ向かって整備された行軍路で、この道に沿う形で設置されている陣も多くあります。途中かなりの難所があるようですが、昨年秋にはこの道を歩くウォーキング大会もあったようです。また唐津市佐志に「太閤道一里塚」も残っています。

名護屋城址2 名護屋城址3
 名護屋城址は築城された往時の姿に復元するのではなく、築城から破城までの現在の様子をそのまま保存することを旨としています。昭和の再建ブームのような天守閣などの建物は無く、秀吉の死後、破城の際に人為的に崩された石垣が往時の状態で発掘調査の後、整備・保存・展示されています。そうした中で、「名護屋城博物館」の展示物と共に、写真2のように要所に設置されている、説明文や平面図・発掘調査時の写真などの資料は、この広い城址を廻る上でとても役立ちました。また、写真3のように現在位置を示す地図付の方向板も設置されています。(09.06.25/唐津城本丸跡より、名護屋城址の出土と同一文様の瓦片が多数出土したことに関する記事はこちらにまとめています )



―1― ≪ 大手口から東出丸周辺 ≫ 

名護屋城址4


 スタート地点の大手口から、ガイドさんに促されながら東出丸へ向かう緩やかな坂を上ります。
名護屋城址5 名護屋城址6
大手口傍の櫓台を別方向から撮ってみました。こちらは時を告げる鐘があったそうです。

名護屋城址7 名護屋城の石垣は、各曲輪・区域・石垣面で積み方にかなりの違いが見られます。大手口から東出丸へと向かう左手にある三の丸の石垣だけでも、写真のように同一の様式でないことがわかります。これは九州諸大名に名護屋城の普請を分担で命じ、わずか数ヶ月で造られた(発掘調査で出土した天正十八年銘丸瓦により再検討の声もあるようですが)ことと無関係ではないようです。天守台など限られたところで見られる「割石積」は熊本城でも使われている技法です。

名護屋城址8 名護屋城址9
東出丸付近には門の礎石も見られます。その前を過ぎると視界は開けて、呼子大橋や加部島の姿も良く見えます。
名護屋城址10 名護屋城址11
往時の名護屋城の姿を伝える資料の一つでもある「肥前名護屋城図屏風」はこの加部島から見た構図がとられています。また、先日訪れた「加藤嘉明陣跡」は呼子大橋のたもとにあります。他にもこちらから多くの陣跡を眺めることが出来、その様子は扇型の説明板で表示されています。

また、こちらの下は秀吉の居館空間「山里丸」があります。木々が生い茂りこちらからは様子を伺うことは出来ませんが、この後訪れましたので後ほどご紹介しますね。
にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク
【data】
佐賀県唐津市鎮西町
2009/05/06訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

肥前名護屋城図屏風
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=23054
名護屋城跡出土天正十八年銘文字瓦
http://www.pref.saga.lg.jp/web/_21393.html

◆ブログ内関連記事◆
名護屋城博物館
名護屋城周辺の陣跡について
勝本城址
唐津城



―2― ≪ 三の丸から本丸大手 ≫

名護屋城址12


 三の丸に入ると、辺りは楠の林のようです。「肥前名護屋城図屏風」ではこちらに木々は描かれていないので、その後に植えられたものではないかということです。

名護屋城址13 写真は三ノ丸櫓台。名護屋城で最大規模の櫓台です。この三ノ丸櫓台の西側正面には城内最大の鏡石が見られるのですが、写真に撮り忘れていました。メンボクナイ!!発掘調査の過程で、名護屋城は造られたままではなく7年あまりの存続期間の間に度重なる改修工事が行なわれていたことが明らかになっていますが、この櫓台も三度にわたり改修されています。

名護屋城址15 名護屋城址16 名護屋城址17
 他にも南東隅櫓台の新旧の石段は、詳しい説明図付きで見比べることが出来る興味深いポイントです。またこちらにも、井戸跡がみられます。


名護屋城址18 名護屋城址19 名護屋城址20
 三の丸から本丸へと進む通路が本丸大手。こちらには二層の豪壮な門があったのですが、伊達政宗が青葉城の大手門として移したと伝えられています(国宝指定を受けるも、昭和20年の仙台空襲で焼失)。今は門の礎石が往時を伝えています。


―3― ≪ 本丸から天守台 ≫ 
名護屋城址21 本丸大手の階段を上ると本丸に。「肥前名護屋城図屏風」に描かれている御殿群のように実際に連結する配置の建物遺構が確認されています。発掘調査後、遺構は埋められていますので、現状では見ることは出来ませんが本丸のほぼ中央部にある石碑周辺に遺構が眠っています。

秀吉がこちらに滞在したのは延べ1年2ヶ月程ですが、その間黄金の茶室を運ばせて茶会をしたり、能の稽古をしたり、花火大会を行なったりもしたそうで、この本丸で明の使節団を黄金の茶室でもてなした記録もあるようです。

名護屋城址22


 西側の一角、一番高い場所にあるのが天守台です。こちらには外観5階、内部は7階建ての天守閣が建っており、この周辺から鯱瓦や金箔瓦が発見されていることから、天守閣の豪壮な様子が想定されています。そうした瓦も名護屋城博物館で見ることができます。

名護屋城址23 名護屋城址24 名護屋城址26 名護屋城址29
 天守閣の穴蔵遺構などは、やはり発掘調査の後埋められていますが、礎石のいくつかは往時のものを見ることができます。また、天守台の隅には、伊能忠敬が測量に訪れた際、基準点としたという石もありました。

名護屋城址27 名護屋城址28 名護屋城址30
 天守台からは、遊撃丸・二の丸が見下ろせます。二の丸では掘立柱構造の建物跡が3棟確認されており、こちらからも遺構が配置されていた様子が見られました。また、すぐ横の整備された本丸多門櫓も撮影してみました。

名護屋城址31 名護屋城址32
 天守台には、東出丸に設置されていたものと同型の「名護屋城跡並びに陣跡」の説明板があります。こちらからだと上杉景勝や直江兼続の陣跡もみられます。実物の写真と合わせてUPしてみました(直江兼続・陣跡 探訪会の様子はこちらから)。

名護屋城址33 本丸に戻ると、海を背に建っている昭和15年に建立された青木月斗の句碑がありました。「太閤が睨みし海の霞かな」・・・・



 時間に制限があり、「天正十八年」銘丸瓦が出土した水手曲輪や、黒澤明監督の映画「乱」のロケも行われた弾正丸など、今回廻れなかった曲輪もあります。いつか機会があれば再訪したいものです。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
blogram投票ボタン
【data】
朝鮮半島に残る倭城の中で、現地観光局などが日本向けに作ったサイトのみを掲載してみました。
●子城台倭城(釜山)
http://www.pusannavi.com/spot/goods_article.php?goods_seq=1127&category_id=08
●東莱城(釜山)   
http://www.pusannavi.com/spot/goods_article.php?category_id=08&goods_seq=1019
●西生浦倭城(蔚山)
http://www.seoulnavi.com/spot/goods_article.php?goods_seq=1143&category_id=08
●順天城(韓国・順天市)・・・佐賀新聞/関連記事
http://www.saga-s.co.jp/view.php?pageId=1036&mode=0&classId=0&blockId=829321&newsMode=article
倭城は消滅したものも含め30箇所ほど確認されています。実際に廻られた様子をサイトで公開されている方もおいでで検索により複数ヒットします。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。