FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐用姫岩

佐用姫岩
 唐津を舞台として、日本三大悲恋物語と語り継がれる松浦佐用姫伝説。万葉集にいくつかの歌が詠まれ、能の題材にもなっています。高速を降りて唐津に向かう際にも、道の駅厳木で領巾(ひれ)を振る大きな佐用姫像が見られました。
佐用姫

鏡山(領巾振(ひれふり)山)から見えなくなっていく船影を追い、飛び降りたのがこの岩の上。姫の足跡のくぼみが今もあるそうです。

 その後、加部島の天童山まで狭手彦を追った佐用姫ですが、その姿はすでに無く、七日七晩泣き明かして石となってしまったそうです。その岩は望夫石と呼ばれ、田島神社の敷地内の佐用姫神社で祀られています。
佐用姫岩
狂おしいほどの恋心の証となった足型は、俗人の視界の上に印されているらしく、目にすることは出来ませんが、周囲は整備されていて散策し易くなっています。

佐用姫岩
鏡山を入れて撮影してみました。

佐用姫岩4
松浦橋の上からも、姿がわかります。

この後、鏡山に上る予定だったのですが、時間がなくなって断念することとなりました。あ~ぁ、諦めのいい二人・・・。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
佐賀県唐津市
09/05/03:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
佐用(さよ)姫岩
http://www.saga-s.co.jp/news/saga_kioku.0.1129982.article.html
松浦佐用姫伝説
http://www.karatsu-kankou.jp/sayohime.html
佐用姫神社
http://puchitabi.jp/saga/article/post-98.html 

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。