FC2ブログ

近松寺(きんしょうじ)

 乾元元(1302)年創立と伝わるこのお寺。幾たびか荒廃しつつも、波多氏・寺沢氏と時々の城主により再建され、徳川家光の時に第四世遠室禅師により復し、その後歴代の城主が帰依することとなります。六代藩主小笠原氏の菩提寺でもあり、境内には小笠原廟所を改装し、小笠原家をはじめとした記念品などが展示される小笠原記念館があります。

近松寺お寺の資料によると慶長3年に、寺沢広高により名護屋城の資材を移して山門としたとあります。朝鮮からの撤退完了が同年11月下旬、秀吉の死が公となったのが慶長4年になってからと矛盾はあるのですが、そうした言い伝えが残るほどの歴史が、こちらにあるということでしょう。門の扉には小笠原家の三階菱が印されていました。

近松寺3本堂でお参りを済ませ、三代藩主松平氏建立の石仏の前を通って本堂裏手の庭園へ。「舞鶴園」と名付けられたこちら、曽呂利新左衛門の築庭といわれています(後日、階段を設計した広沢寺も訪れていますので後ほど)。唐津湾頭の風景を写して造られています。

近松寺4庭園の横には、昭和3年に再興された小笠原家の茶室があり、庭園とあわせて3基の織部燈籠が見られます。

近松寺5小笠原記念館を見学後、奥にあるゆかりの方々の墓所へ。こちらには寺沢家第2代当主寺沢兵庫頭堅高や小笠原家第4代当主小笠原佐渡守長和の墓があり、また少年期こちらで修行したと伝わる近松門左ェ門の墓もあります。

戻り返して通用口近くの松浦山聖観音をお参り。こちらは行基作と伝えられ、航海の安全を願って満島山に安置、代々祀られ、昭和39年にこちらに遷座しています。お堂の扁額は道本禅師の筆と伝わっています。

近松寺2

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
佐賀県唐津市
09/05/03訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
近松寺
http://www.karatsu-kankou.jp/history_tanbou1.html

関連記事

tag : 近松門左ェ門 曽呂利新左衛門

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク