FC2ブログ

旧高取邸

旧高取邸 旧高取邸2
 唐津の町に着いて最初に伺ったのは「旧高取邸」。こちらは杵島炭坑などの炭坑王として知られた高取伊好(これよし)氏(1850~1927年)の約2300坪の広大な敷地に建つ邸宅です(国指定重要文化財)。

 受付で音声ガイド(¥300/09.05現在)をお借りして廻ることにしました。館内は撮影禁止となっておりますので写真はありませんが、その意匠のすばらしさといったら!!こちらは能舞台もある唐津の迎賓館とも呼べる大広間棟と、折上格天井と立派なお仏壇が供えられた仏間や、暖炉前の有田焼の鶴亀模様のタイルが可愛らしい書斎などがある、プライベート空間の居室棟の二つから成り、29種72枚の杉戸絵が各部屋の意味を踏まえた絵で飾られ、部屋ごとに違う設えの窓から庭を眺められ、要所要所に千鳥や蝶など様々なモチーフの欄間が施され、また、引手金具さえ様々な形で楽しませてくれる、細部に至るまで教養人でもあった伊好氏の文化・芸術への傾倒を感じることが出来るものとなっています。

 別棟の土蔵には石炭の積み出し港として栄えた頃の唐津の様子や、伊好氏の人柄を偲ぶ品々が展示されています。また、家族や使用人の湯殿、地下にワインセラーもある貯蔵庫など往時の暮らしぶりを窺わせる建物も残っています。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
佐賀県唐津市北城内
09/05/03訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

旧高取邸
http://www.asobo-saga.jp/modules/auth/index.php/kokoiko/kk-41.html
※尚、お得な唐津城・曳山展示場・旧高取邸の『三施設共通入場券』もありますので、ご利用されてはいかがでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク