FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出水麓武家屋敷群

出水麓 出水麓 出水麓 出水麓 出水麓
 知覧の武家屋敷群を訪れた際にもふれていますが、薩摩藩の「外城」の一つを、出水でも見ることができます(「麓(ふもと)」とは「外城」の統治の中心地の呼び名)。

平成7年に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているこちらも、現在も住んでいる方と見学が出来る公開施設が混在しています。現在見学できる町並みは知覧ほど広くはなかったのですが、肥後と隣接した地域として歴史的要所であり、「篤姫」のロケも行なわれたということで、観光客の方の姿もみられました。

実はこちらを訪れたもう一つの理由は、某2大観光ガイドブックの一つに「観光牛車」の特集が載っていて、そちらも体験したいなぁ・・・と思ったからなのですが。

でも、牛車はあれど牛の姿はなく・・・。日曜だし、天気が荒れてるわけでもないし、営業時間内だし・・・。いったい、お牛様は何処へ???近くのボランティアガイドらしき法被姿のお年寄りに尋ねても要領を得ず・・・。楽しみにしてたのに・・・。

気を取り直して、歩いて廻ることに。
写真3は「竹添邸」玄関。「篤姫ロケ地」」の大きい看板も添えられていました。
訪れたお屋敷の中では、こちらが一番大きくて建物の中に入って見学も出来ます(知覧でもみられましたが、内壁の赤い塗装は紅柄なのだそうです)。往時のはた織機や食器など生活の一端が垣間見られる小物もそのまま設置されています。台所の横には、武家屋敷全体のジオラマも飾られていました(写真4)。

 竹添邸でもらった地図を片手に散策することに。もう一つのロケ地「宮路邸」では衣装の展示などもありました。

藩主が地方巡狩の際の宿泊所「御假屋」の門がそのまま小学校の校門になっているというので、こちらもパチリ。プランター植えの花が咲いている校門の前で、待ち合わせだったのか女の子が佇んでいました(写真5)。

見学を終え昼食を取った後、この時期の出水の風物詩、鶴の飛来地に向かいました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
鹿児島県出水市
2008/11/上旬:訪
出水麓武家屋敷群
http://www.city.izumi.kagoshima.jp/izumi05/02rekisi/01bukeyashiki_01.asp
そしてこの出水にも特攻碑公園があります
http://www.city.izumi.kagoshima.jp/izumi05/02rekisi/04tokkohi_01.asp
いずみ観光牛車(行かれる際は、確認した方がいいのかも)
http://www.city.izumi.kagoshima.jp/izumi05/01kankoguide/06gissya.asp

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2019年07月 | 08月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。