FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本妙寺頓写会


頓写会 頓写会2 頓写会3 頓写会4
-1-
 本妙寺は日蓮宗のお寺で、清正公が父の冥福を祈り大阪に建てたものですが、幾度か移された後に、中尾山中腹の清正公が祀られた「浄池廟(じょうちびょう)」近くの現在の場所に建立されました。

 頓写会(とんしゃえ)の起源は、清正公の一周忌に日遥上人が法華経一部八巻の69,384字を写経、清正公の追善供養をしたことからといわれています。写は「写経」からきているのです。では頓はというと3回忌の時に他の僧も加わり、一晩で写し終えることができたことに由来しているようです。

 夕方、市バス「本妙寺前」で下りると、屋台が立ち並び、参拝客たちがすでに集まっていました(写真1)。仁王門をくぐり屋台のあちこちから呼び声がする中を、本堂まで続く参道を進みます。

 本妙寺大本堂(写真2)の入口には「頓写会一字写経受付」の大きい看板がありました。「ご希望の方は大本堂にお上がりください」とあるので行ってみることにしました。夜に向けてのライトアップの準備をしている境内を通って本堂に上がりお参りの後、横の受付らしきテーブルにいるお坊さんに写経料を払い、「一字写経」用の用紙をもらい説明を聞いて、促された本堂内の写経所で写経をしました。まだ早いのか他に人はいませんでしたが、机の数から察すると夜には人で一杯になるのでしょう。

 その後、胸突き雁木と呼ばれている石段を上り(写真3)浄池廟の門をくぐって境内へ(写真4)。
本殿をお参りした後、その後にある「浄池廟」にも手を合わせました。境内ではこの日に売られる縁起物の「笹守り」などが売られていました。
 日暮れまで少し時間があるので境内を散策した後、胸突き雁木を下って再び参道へ。
前回の謎、「論語猿」などの動物の由来を聞いてみたかったのですが、経巻の奉納と法要や夜半までの読経の準備などでとてもそんな雰囲気では・・・。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
熊本県熊本市
2007/07/23:訪
本妙寺頓写会
http://www.welcomekyushu.jp/dic/detail.php?ID=9999900000736


頓写会5 頓写会6 頓写会7 頓写会8
-2-
 日が暮くれたので、再び本妙寺大本堂へ(写真1)。境内に入ると山鹿で見たようなライトアップがされていました。こちらも「崇城大学」が協力しているようです。大本堂では経巻の奉納が始まっていて、たくさんのお坊さんが入れ替わり立ち替わりいらっしゃいました。

 胸突き雁木を上がり「浄池廟」の境内に入ると鐘つき堂の方からお城に向かって一筋の光りが通っていました。これは、本妙寺から二kmほど離れた熊本城天守閣に向けてサーチライトを照らすイベント(写真2)で、天守閣と同じくらいの高さになるように浄池廟が造られたことを立証しているのだそうです。左側の中央のぶれている白いものがお城です。

 本殿でも奉納が始まっていました(写真3)。左上のお坊さんの後にいる3人の信者さんはうちわでお坊さんを一生懸命扇いでいるのです。すべての窓は開け放たれていて、参拝客も様子が見られるようになっているので、中の様子を数枚撮っています。(すべての流れを収めたものではありません)

 帰りのバスがあるうちに、帰宅することにしました。私が帰る時にこれからお参りという方もたくさんいらっしゃいました。写真4の右側は「笹守り」です。清正公の幼名“虎之助”にちなんで、張子の虎が付いています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2019年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。