FC2ブログ

「古写真とCGに見る熊本城展」と「お城と冨重写真所開業141年展」

冨重写真所 冨重写真所2

 「数寄屋丸二階御広間」の際に少し書きましたが、今こちらで『古写真とCGに見る熊本城展』が開かれています。(~5月20日まで)

 熊本は当時の地方都市では珍しく、明治初期から写真が残されており、その多くを撮影したのが富重利平(とみしげりへい)さんという方です。
 日本の写真術の開祖といわれる上野彦馬(うえのひこま)氏の元で写真を学び、熊本鎮台の設置準備に、軍用地である熊本城の写真を撮るよう乞われて以来、熊本市新町に写真所を開業されながら、お城や、市内・近郊の様子、その時代の人々の姿を写しています。

 その中から、西南戦争開戦直前での焼失以前の熊本城の姿などを集めて説明書きと共に展示してあります。熊本城は「大小の天守閣・櫓49・櫓門18・城門29を備えて」いたのですが、この古写真を見るとその様子がよく分かります。天守閣の再建にはこの古写真が資料としてとても役立ったのです。

大きく引き伸ばされた市内の東西南北の様子などもあり、発見が沢山ある展示でした。一番奥の部屋にはパソコンのマウスで動く、崇城大学芸術学部の学生による本丸御殿大広間内部などをCGで表現した作品があります。当番らしき学生さんに操作方法をうかがいながら、ゲーム感覚で遊べます。


また、「熊本阪神デパート」でも『お城と冨重写真所開業141年展』が開かれています。

お城関係は、数寄屋丸のものと重複する写真もあるのですが、お城の火災が燃え広がり、焼け野原になった市内の様子や、夏目漱石や小泉八雲など熊本ゆかりの方々、お客さんとして訪れたのであろう明治の人たちや、芸者さんのポートレイト、上通りや水道町・新市街など街の様子など、熊本の昔の姿に触れられる展示でした。

【data】
熊本県熊本市
2007/05/02:訪

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2019年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク