FC2ブログ

味取観音堂 瑞泉寺


味取観音 味取観音2 味取観音3 味取観音4 味取観音5
 山頭火が大正末期に一時期、堂守として住んでいたお寺です。坂を上がる入り口の手前に、真新しい山頭火の石像がありました(写真1)。日付が、訪れた日より後なのは、除幕をまだしていないということなのかな?その横には「松はみな 枝垂れて南無観世音」と書かれた句碑がありました(写真2)。

 観音堂の名の通り、石で作られた観音様の像があちこちに祀られています。石段を上がり(写真3)本堂に着くと、その左右に8体ずつ収められた「十六羅漢堂」が控えています。その横の右手には手作り風の彩色を施された「聖徳太子」と「薬師如来」像が真っ赤な祠の中に。
本堂の破風は緑に彩色された龍(写真4)。その奥には、因幡の白兎のように波間に跳ねる2匹の白兎が。お参りをしようとしてふっと、脇の灯籠を見ると、ひょっとこみたいな顔と目が合いました(写真5)。なんともユーモラスなお寺でした。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
味取観音堂 瑞泉寺
鹿本郡植木町味取1
2007/02/下旬:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク