FC2ブログ

壱岐を廻る ―6― 平景隆の墓

平景隆の墓 平景隆の墓2 平景隆の墓3
 1274(文永11)年、壱岐の守護代・平景隆は上陸した元軍と戦いますが、大軍勢と近代兵器に次第に追い詰められ本陣の樋詰城に退却、自刃したといわれています。

樋詰城址に建てられた新城神社の拝殿脇に景隆の墓所があります。どなたの手によるものでしょうか、青々とした榊がお供えしてありました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
長崎県壱岐市勝本町
09/05/04:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
平景隆の墓
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000068&key=平景隆の墓&page_num=1


スポンサーサイト

壱岐を廻る ―5― 男嶽神社

男嶽神社1
 駐車場から神社へ続く鳥居の前にも、見ザル云わザル聴かザルのトリオ石像が出迎えています。こちらは200体とも言われる猿の石像群で知られています。

男嶽神社2 男嶽神社3
神社までのこの参道、意外と長いのですが要所要所にお猿さんの姿があり、飽きることがありません。境内に入ると雛壇のようにずらりと石猿がこちらを向いています。ちょっと怖い。。。

お堂の周りもぐるりと石猿・・・と思ったら、所々に石牛の姿も。近くの説明板によると、石牛の方が最初なのだそうです。幟旗には、昼食の壱岐牛の店名もありました(^皿^)。
祭神が猿田彦命であることから石猿の奉納が増えたといわれています。

近くには展望台があり、瀬戸浦の辺りも見渡せました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
長崎県壱岐市芦辺町
09/05/04:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
男嶽神社
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000127&key=男嶽神社&page_num=1

壱岐を廻る ―4― 鯨供養塔

鯨供養塔
 壱岐は寛永元(1624)年頃~明治30(1897)年頃まで捕鯨が行なわれており、何組もの鯨組が組織され、架せられた税金が平戸藩の財政の一端を担うほどのこともあったそうです。こちらはそうした時代を物語る、唯一つ残っている供養塔なのだそうです。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
長崎県壱岐市芦辺町
09/05/04:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
鯨供養塔
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000091&key=鯨供養塔&page_num=1


壱岐を廻る ―3― 少貳公園

 瀬戸浦の入江の先端のこの辺りは弘安の役の激戦地でした。1281(弘安4)年、瀬戸浦と勝本から上陸した元軍を、壱岐守護代の少貳資時(しょうにすけとき)がわずかな軍勢で迎え撃ちますが、激戦の末全滅したそうです。船匿(ふなかくし)城址のお堂に将軍地蔵も祀ってあるので、訪れたかったのですが場所を見つけることが出来ませんでした。
資時の墓少貳公園内には19才で亡くなったこの資時の墓があります。


碇石その近くには、弘安の役で殉じた日本の船舶のものではないかといわれる、左京鼻沖で発見された碇石(いかりいし)も飾られています。

防人の烽塔また、663年の「白村江(はくすきのえ)の戦い」で敗れた大和朝廷は唐・新羅軍の攻撃に備えて防人の烽塔をこの地に置いたといわれ、壱岐→馬渡島→呼子→大宰府と伝える仕組みで、こちらに馬渡島にある烽台の復元も設置されていました。
瀬戸浦現在は瀬戸浦の穏やかな風景が広がっています。


※郷ノ浦の「岳の辻展望台」の辺りにある見上神社は遠見番所跡といわれ、近くに烽台跡もあるようです。


少貳の千人塚
少貳の千人塚 少貳公園から少し下ったところにこの塚があります。千人塚とは元軍の犠牲になった一般人をまとめて弔ったもので、各地に多く残っているこの塚の分布が元寇の侵略範囲といわれます。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
長崎県壱岐市芦辺町
09/05/04:訪
少貳資時の墓
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000072&key=少貳資時&page_num=1
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
少貳の千人塚
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000073&key=少貳の千人塚&page_num=1
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
※『蒙古襲来絵詞』は九州大学デジタルアーカイブにてご覧になれます。

≪訪れている関連の史跡≫
太宰府で史跡と神社仏閣めぐり
歴史公園 鞠智城


壱岐を廻る ―2― 壱岐焼酎

壱岐焼酎 英国のスコッチ地方にスコッチウイスキーがあるように、人吉球磨に球磨焼酎があるように、壱岐にも壱岐焼酎が育まれ、現在7つの蔵元があります。
現存する資料は無いものの古くから大陸より伝わった蒸留法を用いて、年貢から外されていた麦で壱岐独特の焼酎を作ってきたそうです。

お昼の店で工場見学のチラシを見つけて、立ち寄ることにしました。
電話で行き方を聞いて工場へ。表は店舗になっていて、奥に醸造タンクなどが置かれていました。写真などを使ってさらりと説明があり、お土産用にいくつかを試飲して購入しました。私はもう少し詳しい話もお聞きしたかったのですが、せっかちな夫にとっては丁度良かったみたい・・・。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
長崎県壱岐市
09/05/04:訪
壱岐焼酎
http://www010.upp.so-net.ne.jp/ikishuzo/


検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2009年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク