FC2ブログ

一勝地駅・球磨村観光案内所(一勝地駅観光案内所)

一勝地駅
 こちらの駅では、駅名にちなんだ「必勝お守り記念入場券」が発売されています。
受験シーズンには滑り止めの砂など、縁起物もお目見えします。

SL人吉の撮影ポイントも多いこの地区。観光案内所で情報やアドバイスももらえるのでは。
球磨村観光案内所(一勝地駅観光案内所)
http://kankou.kumamura.com/kanko.htm
利用時間/午前8:30~17:00
定休日/年末年始(12月28~1月3日)のみ
以前の記事はこちらから。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
熊本県球磨郡球磨村
09.04.24:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

スポンサーサイト

鬼の口棚田・松谷棚田

 球磨村の中で2つの地区の棚田が日本棚田百選に選ばれています。

鬼の口棚田
kumagawa_k12.jpg kumagawa_k18.jpg
こちらの棚田の特色は、石垣で築かれていること。山々の緑の中に石垣の直線的な白いラインが引き立ちます。
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

松谷棚田
kumagawa_k20.jpg 肥薩線沿線風景12
こちらも石垣で区切られているのですが、ちょっと曲線的でまた違った美しさを感じました。保存委員会の方たちにより、放牧されたヤギがのんびりと草を食む姿が見られました。

こちらで取れたお米を原料に
球磨焼酎・松谷棚田
http://www.kumamura.com/index.php?e=223
も作られています。
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
熊本県球磨郡球磨村
09.04.24:訪

神瀬石灰洞窟・熊野座神社・長命水(岩戸公園)

長命水
長命水 長命水2
岩戸公園の駐車場を降りると、すぐ横に「熊本県名水百選・岩戸水源 長命水」の看板があり、階段の下に祠が見えます。祠の後から澄んだ水が湧き出ていました。

神瀬石灰洞窟
神瀬石灰洞窟 神瀬石灰洞窟2
県指定天然記念物でもあるこちらは、古生層と呼ばれる約5億年~2億3500万年米の地層に挟まれた石灰岩の中に開口した鍾乳洞。近づくとひんやりとした空気を感じます。

中に入ると、頭上の鍾乳石を飛び交う無数の姿。コウモリ?ではなくイワツバメなのだそうです。

内側から見ると判り易いかと思うのですが、高さもあって広々とした空間になっています。独特の雰囲気はとても印象的でした。

熊野座神社
熊野座神社
神瀬石灰洞窟の中に建立されているのはこちら。伊邪那美命、速玉男命、泉事解男命をお祀りし、縁結びのご利益があるのだとか。この神秘的な雰囲気の中で、愛を誓えばなるほど絆も深まるかも・・・。毎年4月3日は大祭で賑わうそうです。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
熊本県球磨郡球磨村
09.04.24:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

球磨川沿いの風景(SL人吉開通にあわせて)

 史跡ツアーの中で、4月に球磨川沿いの肥薩線沿線を廻った様子をピックアップしてみました。

肥薩線沿線風景 朝、熊本駅に集合。明日からSL人吉開通という日だったので、旧改札口の辺りには機関車のディスプレーが飾られていました。四角く開いた窓は機関車と写るためのものでしょうか?売店では『ハチロク』バームクーヘンもお見えしていました。

肥薩線沿線風景2熊本駅からは小型バスでの移動になります。八代を過ぎると肥薩線に沿って球磨川沿いの風景が広がります。八代―人吉間は川線と呼ばれています。UPしている写真は走る車窓から撮っていますが、道幅は広くないし、自家用車でこれをやると事故に繋がりますのでご注意を。こちらの撮影ポイントなどは、一勝地駅内の観光案内所で確かめてはいかがでしょう。

川沿いには赤レンガ造りの「旧深水発電所」の姿も見られました。荒瀬ダムを過ぎると、川面は満々と水を湛えた姿に。新緑の山々が静かに水面に写りこみ、球磨川沿線らしい景色が楽しめます。

肥薩線沿線風景3やがて、第一球磨川橋梁が見えてきます。こちらはニューヨーク生まれの鉄道橋で、肥薩線開通当時の姿のまま架設されています。橋脚がそれぞれ違う角度なのがわかるでしょうか。第二球 磨川橋梁とともに、今は全国でここしか残っていないという工法・トランケート式で造られています。

肥薩線沿線風景この日は明日の開通に向け、SL人吉は試運転を行なわなかったのですが、特急が通りかかったので撮影しています。


kumagawa_k16.jpg 肥薩線沿線風景4
神瀬石灰洞窟・熊野座神社・長命水がある「岩戸公園」に立ち寄り、球磨村役場産業振興課のU氏と合流。資料を頂き以降車中を含めた説明を受けました。お世話になりました(^^。

肥薩線沿線風景5 肥薩線沿線風景6 肥薩線沿線風景7
球泉洞に立ち寄った後、子宝や下の病気にご利益があるという柴立姫神社へ。近くには与謝野晶子記念碑もあります。この前の通りは「人吉街道」で、参勤交代の時は往きは球磨川を下り、帰りにこちらの道を通ったといいます。

肥薩線沿線風景8球磨川沿いで発見されたサンゴ礁の化石や、メガロドン(2億年前の貝)の化石が発見された辺りを車中で説明を受けながら、やがてお昼の
一勝地温泉 かわせみ
http://www.kawasemi-onsen.jp/
へ。
肥薩線沿線風景9この日は私達のために婦人会の方々が、地元の食材を使った球磨村の郷土料理を特別に振舞ってくださいました。

つぼん汁やムカゴのお赤飯や、こんにゃくまで手作りの煮しめや、山菜の天ぷらや・・・、などなど食べきれないほどのご馳走でした。どれもこれもおいしくて、残すのがもったいなかったです。ご馳走様でした。

肥薩線沿線風景10
食事の後は昭和30年に架設された石橋・橋詰橋を見学。


物産館かわせみで「一勝地万十」
http://kankou.kumamura.com/tokusan.htm#tag3
を購入したかったのですが、すでに売り切れでした(>0<)。

kumagawa_k12.jpg 一勝地駅
日本の棚田百選に認定された鬼の口棚田を見学の後、一勝地駅へ。こちらには球磨村観光案内所も併設されています。
肥薩線沿線風景12そして、やはり日本の棚田百選に認定された松谷棚田をみて、球磨川を戻りながら帰路に着いたのでした。

肥薩線沿線風景13 肥薩線沿線風景14

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
熊本県球磨郡球磨村
09.04.24:訪
※各スポットは、緑色の文字でリンクしています。
<追記>
●SL人吉関連の掲載記事をこちらにまとめました。

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2009年06月 | 07月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク