FC2ブログ

闇り通路近辺

 本丸御殿へと通じる闇り通路にある、いくつかの出口については以前書いているのですが、今回はその出口周辺を撮影しています。
闇り通路近辺
写真1は天守閣方面とは反対側、右手に進んで外へ出て本丸御殿を撮影しています。真ん中より右寄りにある石の台のようなものは井戸、その後の扉は「大御台所」に通じています。建物の右側に進めるようなので行ってみる事にしました。
闇り通路近辺 闇り通路近辺 闇り通路近辺
写真2は「不開門」方面の門のある出入り口になります(中の様子は写真3)。撮影した場所からだと「不開門」へと続く通路がよく見えます(写真4)。右側に小さく見える看板は「六地蔵幢」と「五輪塔」周辺の説明板ではないかと思います。

闇り通路へと戻り、本丸御殿内「麒麟之間」で上映されている、復元工事の過程をまとめた「建築編」と「障壁画編」を鑑賞。興味深い内容をコンパクトのまとめていてわかりやすいものでした。こちらを鑑賞後「大御台所」横の通路にある説明展示を見ると、完成してしまった今では見られない往時の工法の様子などもより面白くみられるのではないでしょうか。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
2009/ 02/上旬:訪

最近の熊本城・・・第2期復元整備部分を中心に

第2期復元 第2期復元 第2期復元 第2期復元 第2期復元
―1―
2月に入り、第2期の熊本城復元整備計画に基づく工事が開始されたというので、その辺りを中心に熊本城を訪れました。

長塀から坪井川を挟んだ遊歩道「長塀通り」を行幸橋のほうに進むと、見慣れた馬具櫓がシートで覆われていました(写真1)。

馬具櫓は3月末を目処に解体したのち、発掘調査や石垣の保存修理などを行ない、古写真などを参考に木造で復元されます(H13年度完成予定)。それにあわせて櫨方門周辺の整備の話もあるようです。また、行幸坂を挟んだ「桜の馬場駐車場」周辺も「城の駅」をコンセプトに九州新幹線全線開通にあわせた観光交流施設の建設計画があり、現在運営等を行なう民間事業者を公募中です。いずれにせよ、ここ数年で行幸坂周辺の様子は、大きく変わりそうです。

備前掘横の広場から櫨方門に進む通路は、工事中でも通ることができ、こちらから馬具櫓の解体の様子もよく分かります(写真4)。もちろん、櫨方門からの入城も出来ます(09.02.04時点。工事の進み具合によっては、安全のため何らかの指示が出る可能性もあるので、その際は現場の方にくれぐれも従って下さい)。

馬具櫓は西南戦争時に取り壊され、現在のものは1966年に再建されたコンクリートブロック造り。この時の建替えの費用を全額寄付したのも、天守閣再建の際に多額の寄付をした松崎吉次郎さんの遺族だったそうです。解体が進みコンクリートが外からも見えていました(写真5)。

写真補足
写真1:長塀通りより、シートで覆われた馬具櫓を写す。左は行幸橋。
写真2:左の大きな木のうしろが観光交流施設計画のある「桜の馬場駐車場」。行幸坂を挟んで、右が馬具櫓。
写真3:「桜の馬場駐車場」。重機で駐車場の一角を掘り起こしているようでした。
写真4:上/行幸橋を渡って櫨方門へと進む、備前掘横の辺りから解体中の馬具櫓を撮ったもの。
     下/解体が進んでいる馬具櫓。
写真5:櫨方門の前辺りから馬具櫓を撮影。

【data】
熊本県熊本市
2009/02/上旬:訪
馬具櫓の解体工事に関する報道
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/74589
天守閣 昭和35年の再建


続きを読む

冬の出水周辺

松尾城址・・・・・鹿児島県姶良郡湧水町
出水麓武家屋敷群・・・・・鹿児島県出水市
出水市ツル観察センター・・・・・鹿児島県出水市
野間之関跡・・・・・鹿児島県出水市

霧島温泉の帰りに、丁度鶴の飛来時期だしと、出水方面を廻って帰ることにしました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
2008/11/上旬

野間之関跡

野間之関跡 野間之関跡2 野間之関跡3 野間之関跡4
 薩摩藩から領外への通行は主に、出水筋・大口筋・高岡筋の三筋があり、それぞれに関所を置いて厳しく取り締まっていたようです。この野間之関も肥後との国境で、薩摩第一級の番所として、その峻厳さが知られていたそうです。

今は主幹道路からはずれ、住宅街の中の公園のような佇まいを見せていました。石碑を囲んでいるのは桜の木ではないでしょうか。春になればこちらでお花見などが出来るかもしれません。そんな長閑さを感じるのは時間の流れなのでしょう。石碑の横には往時をしのばせる古井戸が、役目を終えた遺構として姿を残していました。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
野間之関跡
http://www.qsr.mlit.go.jp/kakoku/gaidou/16.html
鹿児島県出水市
2008/11/上旬:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆

出水市ツル観察センター

ツル観察 ツル観察2 ツル観察3 ツル観察4 ツル観察5
 出水に来たからには、鶴を見ないで帰れないよね。ということで、観察センターを目指しました。

車を走らせているとやがて、稲が刈り取られた後の田んぼに鶴が舞い降りる姿が見られます。そうした鶴の姿を目で追いながら、表示に従い「出水市ツル観察センター」に到着。駐車場に着くと、建物の裏手からかなり大きく鶴の鳴き声が聞こえています。

センターに入る前に、そちらも覗いて見る事に。
「鶴を驚かせないように」等の看板が立つ、網で囲われた田んぼのはるか向こうに、いました!たくさんの鶴たち。

警戒心が強いのだそうで、近くで見ることは出来ませんがそれでもこれだけの数の鶴を見ることは、たぶん最初で最後?なんて思いながら、肉眼と精一杯ズームしたカメラのモニターを見比べながら観察。

その後、館内に入ると飛来した数が種類ごとに書かれており、この日は計約7154羽がここにいるとのことでした(内、なべ鶴が約7000羽)。去年の飛来数は12,039羽ということなので、これからピークに向けて増えていくのでしょうね。

観察センターの二階の展望室からみたものが写真4。高くなった分、より詳しく姿がわかります。コインを入れて覗く双眼鏡があったので、そちらとカメラのズームを重ねて撮ったのが写真5^-^;)ゞ。種類がわかるように、イラストも添えてみました。

屋上からも見ることが出来るのですが、風が強くてけっこう大変でした。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
鹿児島県出水市
2008/11/上旬:訪
出水市ツル観察センター
http://www.city.izumi.kagoshima.jp/izumi08/04shisetu_19.asp

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2009年03月 | 04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク