スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国宝 阿修羅展 九州国立博物館


阿修羅展3


 東京国立博物館で、約95万の人が観たという興福寺の阿修羅展が、7/14から大宰府の九州国立博物館で開催されています(~9/27)。

初日からたくさんの方が詰め掛けているニュースを観て、早いうちにと、この日曜に出かけました。

 夏休みが始まった最初の日曜ということもあり、早起きして高速利用で博物館に着いたのは7:30過ぎ。 駐車場はすでに開いており、警備員さんの誘導に従い所定の位置に駐車。さすがに満車ではなかったものの、車から降りた人たちが続々と入場口へと急いでいます。

当日券を買うため、券売所に並んで待つことに。そうしている間にも、入館券をすでに持っている人たちは次々と入場のための列に並んでいきます。あ~ぁ・・・まあ、入れないことはないからいいケド。。。

そうこうしているうちに、美術館の係員らしき方たちの姿も増え始め、普段よりかなり早い8:45からチケットの発売が始まりました。そして阿修羅のお姿が写った当日券を購入。さっさと入場の列に並ぶことに。

この時すでに200人超は前にいる状態。この時はちょっと曇った感じで厳しい気候ではなかったけど、これから真夏になるとしんどいかも。日差しを遮るテントの屋根も限られた人数しか入れないし。

阿修羅展
写真は、このテントに設置されたミスト。私達が館内に入る頃にはこの屋根の外を、ぐるりと人が囲むように並んでいました。

阿修羅展2やっと、館内へ。でもまた列を作ります。1階のフロアに人を溜めて、それからエスカレーターで順番に二階の展示室へと動きます。

エスカレーターを上がりながら振り返ると、館内も外も人々々々々の列。阿修羅像を観る前に、すごく世俗的な感動が。

着いたところが、トップの写真。「やっとアシュラに逢える」のコピーに苦笑い。


 展示室に入ると、また人々々。。。ガイドがないと何を見てるのかわからない状態なので、入口に戻って音声ガイド(¥500)を借りて再チャレンジ。黒木瞳さんの声に導かれながら、人の頭越しに発掘調査で中金堂から出土した鎮壇具などを拝見。

 そして次の部屋に進むと斜め前に、ガラスケース無し・360度拝観展示の阿修羅像の姿がスポットライトを浴びて浮かび上がっています。

こちらもぐるりと人だかりが出来ているのですが、見上げる高さということもあってか、じっくりと観ることが出来ました。もとより、阿修羅像と対話するかのような空間ではないだろうと、最初から半ばあきらめ気味でしたが、全身くまなく全方向から堪能するのは無理ですが、それでも阿修羅像をじかに観た静かな感動は味わえます。

写真では写らないであろうかすかに残った顔料から往時の華やかな姿を思うのも楽しいものでした。そういえば、真偽の程は不明ですが、正面の顔には髭が描かれていたという話を聞いたことがあるのを思い出しました。

阿修羅像のほかにも、八部衆十大弟子などの像が周囲をぐるりと観られる展示方法で設置されています。迦楼羅の姿は、確か康平寺で似たような仏像を見ていたような?と思っていたら、そちらは二十八部衆でした。

また、四天王の姿も、堂々とした迫力あるもので、たっぷりとした重量感が感じられ観るものに迫ってきます。

運慶作といわれる大きな仏頭飛天なども、本来なら遥か遠くで拝んでいるでしょうに、とても近くで見ることができました。

 阿修羅像の魅力がクローズアップされる展覧会ですが、この展示方法を実現させた、興福寺ならびに美術館関係者の方々も、影の主役と呼べるのではないでしょうか。


美術館の駐車場を出たのは11:00前。振り返ってみれば仏像たちのそれぞれの姿が、はっきりと記憶に残った展覧会でした。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
福岡県太宰府市
09/07/19:訪れ

※九州国立博物館・・・携帯電話で待ち時間がわかるQRコード付き
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s16.html
※国宝 阿修羅展公式サイト
http://www.asahi.com/ashura/
※チケットぴあ
http://t.pia.jp/index.html
※コンビニ各店備え付けのチケット端末(ローソンの“Loppi”など)でも購入可能。
※『国宝 阿修羅展』割引きっぷ・・・JR九州
http://www.jrkyushu.co.jp:80/tabi/ticket/kokuhaku_sp14.jsp
※『国宝 阿修羅展』観覧&宿泊プラン
http://qkeizai.nishinippon.co.jp/archives/6500


続きを読む

スポンサーサイト

tag : 阿修羅展

名護屋城博物館


名護屋城博物館 名護屋城址を訪れる前に、隣接するこちらに立ち寄りました。


太古からの大陸との交流から、名護屋城時代、それ以降と、3つの流れに沿った展示が行なわれており、また現在も続いている発掘調査での出土品も展示されています。

 館内の撮影は禁止のため写真はありませんが、肥前名護屋城図屏風や、名護屋城周辺のジオラマ、朝鮮・日本両水軍の軍艦「亀船」と「安宅船」の1/10の復元模型、武器類、蔚山城の清正など日本軍を幾重にも取り囲む朝鮮軍の屏風絵、また、勝本城址で触れた朱印状と壱岐勝本城址図の複製など、豊富な資料を見ることができます。

 特別企画展の開催期間以外は無料で入館できますし、城址を訪れる前にじっくりと時間をとって見学されてはいかがでしょう。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
blogram投票ボタン
100名城スタンプの捺印もこちらになります。
【data】
佐賀県唐津市鎮西町
2009/05/05訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
名護屋城博物館
http://www.pref.saga.lg.jp/web/nagoya.html

◆これまでの記事関連の展示物(期間によっては展示されていない可能性があります)
勝本城址・・・豊臣秀吉朱印状・壱岐勝本城址図
加藤嘉明陣跡・・・肥前名護屋城図屏風
堀秀治陣跡・・・染付大皿
唐津城本丸跡から、名護屋城址出土と同一文様の瓦片が多数出土

●また、こちらを訪れる準備に読んだ、名護屋城博物館の学芸課長をされていた高瀬哲郎氏の著書も販売されていました。名護屋城に興味のある方はご覧になってはいかがでしょうか。
名護屋城跡/高瀬哲郎氏著
http://homepage3.nifty.com/douseisha/kouko/iseki/iseki.html#i26


大手口前井戸
大手口前井戸
 駐車場から名護屋城博物館に行くまでの間に、大手口前井戸がありますのでお見逃し無く!
説明板によると、井戸の深さは1.6mほどですが、調査後もしばらくは水が湧き出していたそうです。井戸の中から朝鮮通宝・石臼・曲げ物なども出土しています。

壱岐を廻る ―14― 壱岐郷土館


壱岐郷土館 壱岐郷土館2
 史跡めぐりで壱岐に来られた方は、まずこちらに立ち寄られた方がいいかもしれません。中庭には、こちらで化石が発見された約400万年前に東アジアに生息したステゴドン象の復元模型も飾られています。

 館内の年表を見ていくと、この島が歴史の宝庫なのが検めてわかります。魏志倭人伝に一支国として記載され、現存する古墳の数だけでも270基と、長崎県内の半数を超えるのだそうです。大陸との中継地として稲作や金属器の技術もいち早く伝えられています。

 また、中世の山城分布模型も展示されています。この模型だけでお城巡りは難しいと思いますが、島内43箇所の山城址の配置を見ていると、往時の松浦党の勢力を感じます。

展示物をじっくりと見ていくと、紀元前からの壱岐の歴史の深さが実感できると思いますよ。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。

※壱岐文化ホールに併設されています。
【data】
長崎県壱岐市郷ノ浦町
09/05/05:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
壱岐郷土館
http://www.iki-brand.jp/info.php?bid=BA000175&kid=2&page_num=1

末盧館

末盧館 末盧館2
 日本最古の稲作発祥地・菜畑遺跡(なばたけいせき)に建つ、出土品などを展示している資料館です。魏志倭人伝に記述がある末盧国から名付けられ、建物は古代高床様式をイメージしています。

炭化米や農機具などの出土品の他にも、大陸との農耕のパネル展示や、集落が形成され稲作や家畜の飼育などもされていた様子がジオラマ展示され、ボタンを押すと竪穴住居に家族で住む女の子が、暮らしの様子を説明してくれます。

館の外はちょっとした広場になっていて水田もあり、6月半ばの末盧館田植祭で近隣の子供たちが田植えの再現をするようです。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
佐賀県唐津市
09/05/03:訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
末盧館(まつろかん)
http://www.asobo-saga.jp/modules/auth/index.php/search_details.php?n=108

曳山展示館

曳山展示館

 唐津神社の隣に、通年で曳山が見られるこちらがあります。

曳山展示館2

 中に入ると、まずお土産コーナーがあり、唐津焼やガイドブックなどで有名な曳山ガムなどがあります。我が家のお土産は唐津くんち柄の観光バスチョロQです。

曳山展示館3 曳山展示館4
その奥に、曳山がずらりと展示している部屋があります。
その日の日付が付いた観光記念のボードも用意してあり、お好みの曳山と一緒に撮影も出来ます。夫は上杉謙信の兜と写真に納まりました。ガラスのケースで保護されているので、少々撮影に難有りなのですが、大事な街の宝ですから・・・。

現代ならFRPなどの造作になるのでしょうが、文政2(1819)年からの歴史あるこちらは“漆の一閑張り”といわれる独特の工法で作られています。中の仕掛けの様子もこちらで見ることが出来ます。

にほんブログ村 旅行ブログへ fc2ランク←ひとポチッが次に繋がります。
【data】
佐賀県唐津市
09/05/03訪
◆◇◆地図はこちらから◆◇◆
曳山展示館
http://www.karatsu-kankou.jp/history_tanbou1.html#08
唐津くんち
●行事日程
http://www.karatsu-kankou.jp/event1.html
●由来や詳しい様子などが県の観光サイトでも紹介されています。
http://www.asobo-saga.jp/modules/auth/index.php/search_details.php?n=10
※祭りの様子の動画の投稿なども多数されていますので、検索されてはいかがでしょう。

検索フォーム
カテゴリ
文字サイズ拡大はこちら
◆記事内の写真を
 クリックすると拡大
します
灰緑色文字リンクしてます
◆便利な見方◆
1.下のindex ↓ をクリック
2.開いたページの各項目
 をクリック
3.県別の色分けから
 お目当てをクリック
automatic translation
プロフィール

Nov momiji

Author:Nov momiji

熊本・観光文化検定1級取得
わかりやすい旅の案内を
していきたいです。

お絵描き日記」も宜しくです。

最新記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


QRコード
QRコード
リンク


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム
こちらから連絡は出来ますがサイトに表示されるわけではありません

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
FC2ブックマーク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。